11月例会 「さよなら新津球場~ありがとう!感謝をこめて~」

11月3日(水)文化の日に、11月例会「さよなら新津球場~ありがとう!感謝をこめて~」を、新津球場(市営球場)にて行いました。
1963年に完成したこの新津球場は今年度で取り壊されることになり、ここでプレーした多くの人、また近隣の方に、最後に多くの想い出とともにこの球場を満喫していただこうとの趣旨で企画、開催しました。本例会の実施にあたり、我々社団法人新津青年会議所を中心にした「さよなら新津野球場実行委員会」を組織し、新潟市、新潟アルビレックスベースボールクラブ、新潟薬科大学の共催、また秋葉区野球連盟、新津少年野球育成会、新津早起き野球球友会、エフエム新津、スタジオキャンドルの後援のもと開催されました。多くの方にご来場いただきありがとうございました。
開会式後、華やかなダンスパフォーマンスの後は、新潟アルビレックスベースボールクラブ主催による少年野球教室を行い、スピードガンコンテスト、ジェット風船祭りなどのアトラクションの後午後からは、中学生以上の方を対象に「マラソン野球」を実施しました。草野球チームごとの参加、個人での参加、と様々で、この球場への思い出をかみ締めながら、思い思いに満喫しました。マラソン野球は22回まで続けることができました。このマラソン野球も終わり、いよいよグランドフィナーレのときを迎えました。照明設備も兼ね備えたこの球場は、皆さんに愛され、大切に使われた球場でありました。
最後は、この球場へ感謝の意味を込めて「メッセージ」を添え、5月例会で作成したキャンドルを球場全体に散りばめ、照明を落とした幻想的なムードの中、閉会式を終え、感動的なセレモニーとなりました。
出逢いがあれば別れがあります。今、この現実を受け止めることはとても簡単なことではありませんが、この新津球場に最後の別れを告げるときが来ました。我々は決してこの球場を忘れません。皆さんそれぞれに、それぞれの想い出をかみ締めながら、最後に感謝の気持ちを表現しました。しかし、この新津球場は我々の心に永遠に輝き続けます。「ありがとう、そして、さようなら。」

01


02


03


04


05


06


07


08


09


10


11


12


13


14


15


16


17


18


19


20


21


22


23


24


25

~豆知識~
この球場には1つ忘れてはならないエピソードがあります。2002~03年の冬季間に放映された、キリンビバレッジのCM「冬の温キリン」チームメイト編では、ここ新津市営野球場の地にて2002年10月上旬に、午前4時頃から撮影されておりました。タレントの優香と、地元の男性5名がこの球場のメインスタンドで、チューリップの「青春の影」を歌い、最後は優香が三塁側のフィールドを歩くシーンで締め括るというCMです。


|

新潟市長選挙 公開討論会「未来の新潟市を考える」

10月23日(土)小合地区コミュニティーセンターにて、新潟市長選挙 公開討論会「未来の新潟市を考える」が開催されました。

パネリストに石口 徳夫氏、篠田 昭氏(五十音順)をお招きし、9つの質問事項について

2時間に及ぶ熱い討論が繰り広げられました。

Photo_5

Photo_6

Photo_7

P1000513

この公開討論会は、(社)新津青年会議所が公平・中立な立場としてNGOリンカーン・フォーラムの後援により、主催いたしました。

ご参加頂いた皆様に感謝申し上げます。

ありがとうございました。

|

第59回全国会員大会 小田原・箱根大会

10月1日(金)・2日(土)・3日(日)の3日間、神奈川県小田原・箱根にて、日本JC三大事業のラストを飾る「全国会員大会」に春日理事長を筆頭に総勢9名で参加してまいりました。そして日本JCに出向し、スタッフとして中野委員長が活躍していました。

1日目は小田原城にて大懇親会に参加。

2日目は大会式典、卒業式に参加いたしました。日本JC相澤会頭の感動的なスピーチは多くのメンバーの心に響きました。そしていよいよ卒業式であります。当LOMからは、小林副理事長が卒業メンバーとして参加いたしました。「卒業生登壇」では、ステージに向かう小林副理事長の背中に「今までの感謝」の想いで胸がいっぱいになりました。

小林副理事長、そして今回参加できなかった栗原監事、ご卒業おめでとうございます!

3日目は2011年度理事長・専務理事予定者ミーティングが開催され、生野次年度理事長が参加いたしました。

最後に、スタッフとして会議、設営、運営に奮闘した中野委員長 お疲れ様でした!

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Sp1030418

|

新潟ブロック協議会会員大会

9月25日、豊栄JCさんが主催の今大会、当LOMから最大限の登録をさせて頂きました。
当LOMでは小林俊明君と栗原洋志君の卒業です。
長い一日でしたが、豊栄JCさんの細部にわたる、心配りで本当に楽しい一日となりました。
個人的にはナスカレー最高でした。(by大竹)

P1000077


P1000078


P1000079

|

見附JC 40周年記念式典に参加

9月23日に春日理事長、中野委員長、生野副委員長、大竹で参加致しました。
高頭理事長率いる見附JC40周年の節目の年、大役お疲れ様でした。
若干のトラブルがありましたが、見附JCの皆様のお陰で楽しい一日となりました。
懇親会も面白く、当日 昼から走ってくれた渡辺さん。お疲れ様でした。
(by大竹)

P1000073


P1000075


P1000076

|

長岡JC 55周年記念式典に参加

9月5日に春日理事長、望月直前、小林副理事長、中野・東村・志田・間委員長・清水委員・大竹で参加致しました。
木村理事長率いる長岡JC OBの方々も沢山来場され、とても賑やかな楽しい一日となりました。
講演会では安里直前会頭が沖縄から来られました。
懇親会ではコミカルなショーの後、なっなんと 横浜銀蝿の登場でした。
参加者に配られた木札は大好評でした!(by大竹)

P1000048


P1000050


P1000053


P1000056


P1000057

|

第36回川上杯ふれあい少年野球大会

 9月4日、5日に第36回川上杯ふれあい少年野球大会が開催されました。
本大会は、元読売巨人軍の川上哲治氏が新津において野球教室を開催したことを記念して社団法人新津青年会議所が立ち上げた由緒と歴史のある野球大会です。
 しかし、合併等により主催者が変更となることに伴い存続が危ぶまれましたが、この度、新津少年野球育成会様のご協力により開催に至りました。

100904_075857

100904_080425

子供たちの一喜一憂する姿を見て、また、野球に真剣に取り組む姿を見て、興奮と感動を感じると共に今後も川上杯を継続していかなければと感じました。

|

サマーコンファレンス2010

7月24日(土)・25日(日)と神奈川県にあるパシフィコ横浜にて、日本JC三大事業の一つであります「サマーコンファレンス2010」に春日理事長・望月直前理事長・中野の3名で参加してまいりました。

「時代を切り拓く!NEXT STAGEへ」〜私たちの選択から「世界に輝く日本」に向けて〜をテーマとして、各種フォーラム・セミナーが開催されました。

日本JC相澤会頭が一貫しておっしゃられているたことに「他人任せではなく、自分で選んで進むべき」というお言葉があります。

時代を切り拓くことが出来るのは 他の誰でもない「あなた」自身であると、JC宣言にもある「率先して行動すること」、自ら選択し実践することこそがNEXT STAGEへとつながるのだと・・・

このたびは3名での参加でありましたが、残念なのは会頭の生の声を拝聴する機会を多くのメンバーで享受できないことです。

次回の日本JCの事業は全国会員大会 小田原・箱根大会です。一人でも多くのメンバーと参画したいです。

Photo

|

2010年度7月総会(第1回臨時総会)

 7月14日(水)新津の割烹「井浦」にて2010年度7月総会(第1回臨時総会)を開催いたしました。審議案件は2011年度(社)新津青年会議所の理事長予定者選出であります。

 例年は理事長選出の選挙を執り行うのですが、このたびは生野 昭雄(はいの あきお)君が高い志を持ち立候補され、総会の議決を経て2011年度理事長予定者として承認されました。

 会員一同、生野理事長予定者をお支えしていく所存でございます。皆様よろしくお願い申し上げます。

 この時期は例年 今年度体制と次年度体制が混在し 楽しさが倍増いたしますが、次年度理事長が立候補で決まるというのは頼もしいかぎりでありますし、その一場面に立ち会うことができたことは会員にとりましても貴重であったと考えます。

 まずは2010年度・・・まだまだ事業は多く残されております。
2011年度を良い形で迎えることができますよう、今を精一杯突っ走りましょう!!

01jc
国家斉唱 JCソング斉唱

02jci
JCIクリード唱和 板橋君

03jc
JC宣言 青山君

04
春日理事長挨拶

05
新入会員挨拶 五十嵐君

06
新入会員挨拶 小島君

07
次年度理事長立候補者 生野君の紹介

08
2011年度理事長予定者として承認

09
2011年度理事長予定者挨拶 生野君

10pr
新潟ブロック会員大会 キャラバン隊によるPR

|

7月例会 「親子で秋葉山冒険王!」

7月4日、日曜日初夏の秋葉公園第2キャンプ場近辺にて、7月例会「親子で秋葉山冒険王!」が開催されました。

受付を待っていたように大粒の雨がドッと降りましたが、子供達の元気のパワーのお陰か、開始した頃には、まさかのセミの声。眩しいばかりの太陽が燦々と頭上にあり暑い中での開催となりました。

ツリークライミング、秋葉アドベンチャー、トレッキングを体験していただき、新緑の美しい里山に多くのご家族の笑い声がこだましてとても楽しい1日となりました。

Img_3291

Img_3302

Img_3308

Img_3334

Img_3341

Img_3349

Img_3408

Img_3466

Img_3483

Img_3483_2

Img_3542

Img_3561

Img_3614

Img_3321

子供達の笑顔と走り回る姿、自然への、これは何?これは何なの?と言う姿がとても印象的でした。
きっと、夏休み前の楽しい思い出になったのではないかと確信しております。
参加者の皆さんからも、どれも楽しかった!また開催して欲しいとありがたいお言葉も頂きました。

メンバー一同より感謝申し上げます!!
有難うございました。
またのご参加を心よりお待ちしております。

郷土に感謝委員会

|

«地区フォーラム in 高岡